トップ «前の日(04-09) 最新 次の日(04-11)» 追記

誰も褒めてくれないから自画自賛する日記

nu-chon.org  「ぬ」あんてな  「ぬ」wiki  RSS
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|
Sapporo RubyKaigi 02
Sapporo RubyKaigi 03
RubyKaigi
Sapporo RubyKaigi 2012
RubyKaigi 2013
2000年
4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2001-04-10

[Linux] gnumeric

久しぶり起動可能になった。

つかわないけど、うれしい。

gnome-print(READMEより)

At current stage GnomeFont glyph mapping covers latin, greek and
cyrillic character, in case type1 font has these defined. More
support will be added in future when GnomeFont will be ported to
FreeType2 library.
Font-specific glyphs are supported, using unicode private
area 0xe000-0xf800
Font information is currently read from xml fontmap files,
describing pfb and afm file locations. Fonts are referenced
internally by GnomeFont objects. Each print context decides
itself, transparently from user, how to guarantee font presence
in final rendering destination, i.e. nonstandard fonts are
embedded in PostScript streams.

[Java] IDL

Java IDL は、JavaTM プラットフォーム上で CORBA (Common Object Request Broker Architecture) 標準規格に準拠した
相互運用性および接続性を提供します。
Java IDL を使用すると、Web 対応の分散型 Java アプリケーションから、
Object Management Group による業界標準の OMG IDL (Object Management Group Interface Definition Language) や 
IIOP (Internet Inter-ORB Protocol) 経由で、リモートネットワークサービスのオペレーションを透過的に呼び出すことができます。
実行コンポーネントには、規格に完全に準拠した、分散コンピューティング用の Java ORB が含まれています。
Java IDL を使用するには、IDL インタフェースの定義を Java スタブおよびスケルトンファイルに変換する、
無料配布ツールの idltojava コンパイラが必要です。
Java Developer Connection (JDC) から idltojava コンパイラをダウンロードできます。
JDC の登録をまだ行なっていない場合は、コンパイラを入手するために JDC に登録するよう求められますが、
メンバーになるのは無料です。
ダウンロードページの指示に従って idltojava コンパイラをダウンロードしてください。

* うげっ

こっちがJDK1.3のもの(上のは1.2)

注: このリリースの JavaTM 2 Platform, Standard Edition には、RMI-IIOP が組み込まれています。
RMI-IIOP は、Java RMI (Remote Method Invocation) および Java IDL を統合する技術です。 
ほとんどの場合、RMI-IIOP は Java IDL の代わりに使用できます。 
RMI-IIOP では、CORBA に準拠したインタフェースを、Java IDL 
で使用されていた OMG 固有の IDL (インタフェース定義言語) ではなく、 Java で直接記述します。
詳細については、「RMI-IIOP ドキュメント」を参照してください。 
また、Java IDL では、新しいバージョンの IDL-to-Java コンパイラ が使用されていることに注意してください。
このコンパイラでは、RMI-IIOP に必要な CORBA の新しい標準機能がサポートされています。
このコンパイラは、このリリースの Java SDK から提供され、インストーラによって SDK の .bin ディレクトリに格納されます。
相互運用性を高めるため、OMG IDL コードのモジュール名にインタフェース名を
使用しないことについて説明した注を参照してください。
Java IDL は、Java プラットフォームに CORBA (Common Object Request Broker Architecture) 機能を追加することにより、
標準規格に準拠した相互運用性および接続機能を提供します。
Java IDL を使用すると、Web 対応の分散型 Java アプリケーションから、
Object Management Group による業界標準の OMG IDL (Object Management Group Interface Definition Language) や 
IIOP (Internet Inter-ORB Protocol) 経由で、リモートネットワークサービスのオペレーションを透過的に呼び出すことができます。
ランタイムコンポーネントには、IIOP 通信を使った分散コンピューティングに完全準拠した Java ORB が含まれています。

[Java] IIOP

以前は、分散プログラミングソリューションを作成する場合、Java 言語プログラマは、RMI または CORBA (JavaIDL) から選択しなければなりませんでした。
RMI では、Java プログラミング言語だけで分散プログラムを作成するための使いやすい技術が提供されます。 
JavaIDL では、RMI よりも複雑ですが、Java プログラミング言語で作成されたアプリケーションと、
ほかの CORBA 互換の言語で作成されたクライアントおよびサーバ間で通信を行う機能が提供されます。
RMI-IIOP では、RMI および JavaIDL の利点が同時に実現されています。
つまり、プログラミングが簡単で、ほかの言語で作成されたソフトウェアと CORBA に準拠した対話を行うことができます。 
RMI のプログラマは、いくつかの制約に従うことによって、CORBA の IIOP 通信プロトコルを使用して
あらゆる種類のクライアントと通信できます。
通信できるクライアントには、Java プログラミング言語だけで作成されているクライアント、
およびほかの CORBA 準拠の言語で作成されたコンポーネントで構成されるクライアントが含まれます。

[Translation] GTKtalog

3か月放置しておいたら大変なことになっていた。

というわけで、早急に対応。

ja.poを送った。

sshについて

バージョン1のクライアントでバージョン2のサーバに接続したとき、 バージョン識別子の交換後、
サーバは、バージョン1のサーバを起動し、 交信の続きを行わせる。
このとき、起動されるバージョン1のサーバは、 バージョン識別子の交換をもう一度行ってはならない。 
これを飛ばすためのオプションが、 ssh-1.2.26 にはあり、 このオプションをつけて起動される。

GRP kaz

ssh and ssl

openssh-2.5.2p2のコンパイル(http://www.openssh.orgからダウンロード)

$ ./configure --sysconfdir=/etc/ssh --with-tcp-wrappers -with-default-path=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin

これでOpenSSLが必要なことが判明openssh-0.9.6のコンパイル(http://www.openssl.orgからダウンロード)

$ ./config
$ make
$ make test
# make install

再度OpenSSHのconfigureをして、

$ make
# make install

最後に、

# cd /etc/ssh
# cp ../ssh-1.2.2/ssh_host_key* .
# kill -HUP 69(sshのID)
(これではダメみたいなので)
# /usr/local/bin/sshd

GRP kaz

あやしい(/var/log/message on nk98)

Imorioka@noodleってなんだ?

Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: starting.  named 8.2.2-P5 1999年11月25日 (木)
 01:42:01 JST ^Imorioka@noodle:/usr/src/BIND-8.2.2-P5/src/bin/named
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: hint zone "" (IN) loaded (serial 0)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: master zone "nutyon.com" (IN) loaded (serial 
2000022301)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: master zone "0.0.127.in-addr.arpa" (IN) loade
d (serial 2000022302)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: /var/named/db.0.168.192:12: Priority error ne
ar (nk98.nutyon.com.)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: listening on [127.0.0.1].53 (lo)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: listening on [192.168.0.3].53 (eth0)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: listening on [192.168.0.10].53 (eth0:0)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: listening on [192.168.0.11].53 (eth0:1)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: listening on [192.168.0.12].53 (eth0:2)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: listening on [203.216.30.110].53 (ppp0)
Mar 30 22:26:41 nk98 named[21320]: Forwarding source address is [0.0.0.0].2369
Mar 30 22:26:42 nk98 named[21321]: Ready to answer queries.

GRP kaz

bindのコンパイル(on nk98)

$ cd /home/kaz/src

つぎは/var/obj/bindでコンパイルするばあい、

$ make stdlinks 

あとは

$ make clean
$ make depend
$ make all
# make install

ログは

nk98:/home/kaz/bind-8.2.3# make install
Using .systype
Using .settings
/home/kaz/bind-8.2.3/include
make[1]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/include'
/home/kaz/bind-8.2.3/include/arpa
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/include/arpa'
mkdir -p /usr/local/bind/include/arpa
set -x; for x in inet.h nameser.h nameser_compat.h; do \
        install -c  -m 444 $x /usr/local/bind/include/arpa/$x; \
done
+ install -c -m 444 inet.h /usr/local/bind/include/arpa/inet.h
+ install -c -m 444 nameser.h /usr/local/bind/include/arpa/nameser.h
+ install -c -m 444 nameser_compat.h /usr/local/bind/include/arpa/nameser_compat.h
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/include/arpa'
/home/kaz/bind-8.2.3/include/isc
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/include/isc'
mkdir -p /usr/local/bind/include/isc
set -x; for x in eventlib.h misc.h tree.h logging.h heap.h memcluster.h assertions.h list.h dst.h irpmarshall.h; do \
        install -c  -m 444 $x /usr/local/bind/include/isc/$x; \
done
+ install -c -m 444 eventlib.h /usr/local/bind/include/isc/eventlib.h
+ install -c -m 444 misc.h /usr/local/bind/include/isc/misc.h
+ install -c -m 444 tree.h /usr/local/bind/include/isc/tree.h
+ install -c -m 444 logging.h /usr/local/bind/include/isc/logging.h
+ install -c -m 444 heap.h /usr/local/bind/include/isc/heap.h
+ install -c -m 444 memcluster.h /usr/local/bind/include/isc/memcluster.h
+ install -c -m 444 assertions.h /usr/local/bind/include/isc/assertions.h
+ install -c -m 444 list.h /usr/local/bind/include/isc/list.h
+ install -c -m 444 dst.h /usr/local/bind/include/isc/dst.h
+ install -c -m 444 irpmarshall.h /usr/local/bind/include/isc/irpmarshall.h
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/include/isc'
+ install -c -m 444 netdb.h /usr/local/bind/include/netdb.h
+ install -c -m 444 resolv.h /usr/local/bind/include/resolv.h
+ install -c -m 444 res_update.h /usr/local/bind/include/res_update.h
+ install -c -m 444 irs.h /usr/local/bind/include/irs.h
+ install -c -m 444 irp.h /usr/local/bind/include/irp.h
+ install -c -m 444 hesiod.h /usr/local/bind/include/hesiod.h
make[1]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/include'
/home/kaz/bind-8.2.3/port
make[1]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port'
/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux'
/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include
make[3]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include'
/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include/sys
make[4]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include/sys'
mkdir -p /usr/local/bind/include/sys
for x in bitypes.h cdefs.h; do \
        if [ -f $x ]; then \
                install -c -m 444 $x /usr/local/bind/include/sys/$x;\
        fi; \
done
make[4]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include/sys'
/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include/net
make[4]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include/net'
mkdir -p /usr/local/bind/include/net
for x in junk; do \
        if [ -f $x ]; then \
                install -c -m 444 $x /usr/local/bind/include/net/$x;\
        fi; \
done
make[4]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include/net'
for x in junk; do \
    if [ -f "$x" ]; then \
        install -c -m 444 $x /usr/local/bind/include/$x; \
    fi; \
done
make[3]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux/include'
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port/linux'
make[1]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/port'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib
make[1]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/resolv
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/resolv'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/resolv'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/irs
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/irs'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/irs'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/isc
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/isc'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/isc'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/bsd
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/bsd'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/bsd'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/inet
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/inet'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/inet'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/nameser
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/nameser'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/nameser'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/dst
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/dst'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/dst'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/cylink
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/cylink'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/cylink'
/home/kaz/bind-8.2.3/lib/dnssafe
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/dnssafe'
make[2]: Nothing to be done for `install'.
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib/dnssafe'
mkdir -p /usr/local/bind/lib
install -c -o bin -g bin -m 644 ../lib/libbind.a \
        /usr/local/bind/lib/libbind.a
( cd /usr/local/bind/lib ; : libbind.a )
install -c -o bin -g bin -m 644 ../lib/libbind_r.a \
        /usr/local/bind/lib/libbind_r.a
( cd /usr/local/bind/lib ; : libbind_r.a )
make[1]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/lib'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin
make[1]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/addr
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/addr'
install  -c  -m 755 addr /usr/bin/addr
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/addr'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/nslookup
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/nslookup'
install  -c  -m 755 nslookup /usr/bin/nslookup
install -c -o bin -g bin -m 444 nslookup.help /usr/lib/
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/nslookup'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dig
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dig'
install  -c  -m 755 dig /usr/bin/dig
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dig'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dnsquery
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dnsquery'
install  -c  -m 755 dnsquery /usr/bin/dnsquery
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dnsquery'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/host
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/host'
install  -c  -m 755 host /usr/bin/host
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/host'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named'
install  -c  -m 755 named /usr/sbin/named
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named-xfer
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named-xfer'
install  -c  -m 755 named-xfer /usr/sbin/named-xfer
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named-xfer'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/ndc
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/ndc'
install    -c -m 755 ndc /usr/sbin/ndc
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/ndc'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/nsupdate
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/nsupdate'
install  -c  -m 755 nsupdate /usr/bin/nsupdate
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/nsupdate'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/mkservdb
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/mkservdb'
install  -c  -m 755 mkservdb /usr/bin/mkservdb
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/mkservdb'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/irpd
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/irpd'
install  -c -m 755 irpd /usr/sbin/irpd
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/irpd'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dnskeygen
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dnskeygen'
install  -c  -m 755 dnskeygen /usr/sbin/dnskeygen
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/dnskeygen'
/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named-bootconf
make[2]: Entering directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named-bootconf'
install -c -m 755 named-bootconf /usr/sbin/named-bootconf
make[2]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin/named-bootconf'
make[1]: Leaving directory `/home/kaz/bind-8.2.3/bin'

GRP kaz

apache-1.3.19のコンパイル

$ ./configure --enable-module=so --enable-shared=max --enable-module=most 

参考

  APACI also supports a variant of the --enable-shared option:
    $ ./configure --prefix=/path/to/apache \
                  --enable-shared=max
    $ make
    $ make install
  This enables shared object building for the maximum of modules, i.e. all
  enabled modules (--enable-module or the default set) except for mod_so
  itself (the bootstrapping module for DSO support). So, to build a
  full-powered Apache with maximum flexibility by building and installing most
  of the modules, you can use:
    $ ./configure --prefix=/path/to/apache \
                  --enable-module=most \
                  --enable-shared=max
    $ make
    $ make install
  This first enables most of the modules (all modules except some problematic
  ones like mod_auth_db which needs third party libraries not available on
  every platform or mod_log_agent and mod_log_referer which are deprecated)
  and then enables DSO support for all of them. This way you get all these
  modules installed and you then can decide under runtime (via the
  `LoadModule') directives which ones are actually used. Especially a very
  useful for vendor package maintainers to provide a flexible Apache package.

のこり

$ make 
# make install

2002-04-10

[kernel] 2.5.8-pre3

  USB Bluetooth TTY support (CONFIG_USB_BLUETOOTH_TTY) [N/m/?] (NEW)

が追加された。(僕は使わないだろう)

ReiserFSにCriticalなBug(i-nodeを破壊)があるらしいが、そのパッチがマージされてないみたいなので注意しませふ。


2004-04-10

8:30おき

昼飯

  • 食ってない?

晩飯

  • しらん

今日

予定

  • 16時から集合?

結果

  • 今日は無いことに。

  • 体調最悪。とりあえず、某代さんと某田さんにお礼の電話をかけとく


2005-04-10

大殺界(その2)

まぁ、細木数子風に言えば、「ずばり言うわよ!貴方は今年から大殺界に突入したのよ。おとなしくしていないと、死ぬわよ!」となるわけだ。でも、先日北海道神宮で引いたおみくじは大吉だった。ここで、細木数子と僕の引き運を比較するわけだが、僕の人生のことであるのだから、僕の引き運の方が絶対的に強い力をもっているのである。と勝手に解釈することにする。細木数子と北海道神宮、さてどっちが強いのか? 僕の人生に、乞うご期待!

悪いことが起こったら大殺界のせいにし、良いことが起こったら神様のおかげにしよう。すべての責任を放棄(笑)、なんて、できたら幸せなのになぁ。


2006-04-10

10日の日記を11日に書いてしまった

折角コメントもいただいたので、そのままにしておこう。

10日は11日の日記に書いた以外のこと以外にやったことはない。目覚めたら10時半だっただけ。


2008-04-10

今日は変な汗を掻くなぁ

寒気がすると思いきや暑く感じたり。


2009-04-10

Windowsの3Dデスクトップ

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/04/09/025/index.html

コレ、試してみたい。


2015-04-10

Effective JavaScript

かなり前に購入して少しずつ読み進めていたのですが、ようやく読み終わりました。

最初の方はJSのtypeのクセについていろいろなノウハウが書いてあり、「この言語はウンコだ。消えてほしい。」と思いましたが、読み進めているうちにその感覚も変わり、読み終わった今となっては、「JavaScriptは素晴らしい言語だ」と思うようになりました。

的が絞られたサンプルコードも多数登場し(ただし、コードスニペットなので、それだけ書いても動かないものが多いですが)、非常に丁寧に説明されているので、JavaScriptを少し使ったことがある人であれば難なく読み進めることができると思いました。

昨今のWebアプリはクライアント、サーバー双方でJavaScriptが使用されることも増え、特にクライアントサイドは、SPAなどJavaScriptに強く依存する傾向ですので、Web系を扱う人にはぜひともおすすめしたい本です。

英語は凝った言い回しも少なく、非常に平易な文章ですので、英語が苦手な人には英語学習用にもおすすめです。(翻訳書もあります。)

また、Kindleで読みましたが、プログラミング技術書特有のコードサンプルの体裁崩れもありませんでした。

とにかく、おススメです。

Effective JavaScript JavaScriptを使うときに知っておきたい68の冴えたやり方(David Herman/吉川 邦夫)

Effective JavaScript: 68 Specific Ways to Harness the Power of JavaScript (Effective Software Development Series)(David Herman)


2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|

2000年
4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Copyright (C)2005-2015 nu-chon.org.