トップ 最新 追記

誰も褒めてくれないから自画自賛する日記

nu-chon.org  「ぬ」あんてな  「ぬ」wiki  RSS
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|
Sapporo RubyKaigi 02
Sapporo RubyKaigi 03
RubyKaigi
Sapporo RubyKaigi 2012
RubyKaigi 2013
2000年
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2000-09-02 [長年日記]

バイオ破壊~

昨日、転んでパソコンを破壊した。

修理に出そうと思う。

修理の項目は

ディスプレイの付け根がグラグラする。

音楽 CD でスピーカから音が出たり出なかったりする(CD のみ)

ハードディスクが週に2、3度カンカン音をならしてアクセスできなくなり、システムが停止してしまう。

蓋を閉じるときの止め具が簡単に折れてしまった。

修理

修理に出すことにする。明日の 12 時から 3 時の間に引き取りにくる。


2000-09-16 [長年日記]

IBM-DJSA-220

やっとまともに動くようになった。

sylinder数 2584

head数 240

sector数 63

にすると、うまく動くようになった。

借金

1万円借金。日曜日に返済する。

セミナー

遂にセミナー。スタッフのネームプレートを頂いた。嬉しかった。


2000-09-18 [長年日記]

STM

今日は試料を作成した。結構うまく行ったので、抵抗値が 330オームくらいになった。しかし、交換チャンバの真空値が1.5*10^3 Pa以下にならない。こまった。

HDD

どうやら、HDD も安定にどうさしているらしい。

あとはカッチン病が再発しないことを祈る。

交換したときの様子などをホームページに載せようと思う。

タイランド

準備をせねば。

日記

久しぶりに日記を真面目にかいた気がする。

Doluc

どーらくのセミナーは午前中の SSH についてが特に勉強になったが、いろいろとやることがあって、ちゃんとみることができなくて、残念だった。

そのあとの呑み会が激しかった。(反省)

ReiserFS

これって「らいざーえふえす」って読むんだ。

"VAIO" が壊れている間に kernel-2.4.0-test8 用の ReiserFS パッチが出ていたので、今日あてた。一応ちゃんと動作しているようだ。えかったのー。


2000-09-19 [長年日記]

inetd

update-inetd --disable smtp

とすると、inetd の smtp の項目をコメントアウトできる。

雷ガード

サージプロテクタという物があるらしい。

1000円くらいのではあまり意味が無いらしいが、いいものを買えば、結構効き目があるらしい。

STM

真空ひけね

試料のフラッシングを終了したので、明日からは像をとれるようになる鴨

TEXT化

Doluc のセミナーの会長挨拶のテキスト化を引き受けることにした。これで、ちょっとは貢献できただろう。

ネットワークスペシャリスト

試験が近付いている。最近勉強していない。やばスギ。


2000-09-20 [長年日記]

STM

今日こそ実験するぞ!!

タイ

明日から Thailand へれっつらごー

飛行機

恐い


2000-09-21 [長年日記]

飛行機

酒を飲みまくって泥酔

腰が痛いのー

ガイドさん

タイに到着

なかなか見付からなくて四苦八苦した。

危うく違う日とについて行くところだった。

ホテルまでマイクロバスで送ってくれた。かなりスピードを出していて恐かった。

前の席に座っていた人はどうやらこちらにすんでいる人らしい。

なぜ同じ車に乗っているのやら。

ホテル

かなり立派なホテルでびっくりした。

本当に世界一ノッポのホテルのようだ。

部屋は3201(32階)

高所恐怖症の僕にはきつい

今日はゆっくり寝よう。明日は6時おきだ。


2000-09-22 [長年日記]

なかなか起きれなくて、朝食を急いで食べた。

ホテルのバイキングはかなりおいしいので感激。

日本人が多いようで、味噌汁など、日本食も揃っていた。

朝食はピラフ

バス

マイクロバスの迎えがきた。

途中で、他のホテルにもよって、もう一組乗せた。若いカップルだった。

観光

良く覚えていない。

今の王朝の宮廷などをまわった。

もう一組のカップルは帯広からきたらしく女性の方は 26歳だった。

もっと若く見えた。また、二人は夫婦だった。

建物がかなり独特で説明できないが、統一されていてきれいだった。

昼食

タイシャブだった。独特の風味があったが、結構おいしく食べることができた。

もう一組の夫婦とも和んだ。

次の日以降の予定

ここで、次の日以降の予定が決まった。

アユタヤ(昔の首都)へ行くのはタイ人でも結構難しいそうなので、オプショナルツアーで行くことに。ガイドは今日と同じ人になった。

また、今日のよるはムエタイ観戦(チケット 1000 B、お迎え 500 B)、明日のよるはニューハーフショー(チケット 700 B、お迎え 100 B)。

午後

2時ごろまでツアーでまわって、それ以降は自由行動だった。

街の中心部(アラワン)の伊勢丹で車を降りた。

ここは日本人ばっかりだった。

デパートで売っている商品も日本とほとんど同じ価格で、タイの人はこんな高いもの買えるのかなぁと思った。

夕食

伊勢丹のある建物と同じ建物にあるタイレストランに入った。

日本語、英語ともに通じず、向こうも困っていたが、一応注文できた。

やっぱりトムヤムクンでしょ!ということで、それともう一品、わけのわからないものを見た目がきれいだったので注文した。トマトジュースも注文した。

見た目のきれいな方はかなりまずかった。(いま考えると、あれはタイ人がたべてもまずいとおもうに違いない)。食感がベットリしていて、色は茶色でう○こみたいだった。

トムヤムクンは強烈に辛く、強烈にすっぱく食べるのが辛かった。

結局具は食べたが、スープはエスケープ。

トマトジュースは異常に甘かった。

タイ人は飲物はかなり甘いものを好むようだ。

ムエタイ

伊勢丹に迎えにくるということなので、そこに行くと、さっき顔を合わせた、タイ人の男の人がいた。

タイの男性は女の人には特にやさしく、すぐに席を譲ってくれる。

男に対してもサービスがよく、とてもフレンドリーに接してくれて、タイに到着して依頼力が入っていた肩からすこし、力が抜けた。

何人かの仲間同士でこの商売をやっているらしく、彼らは僕にタバコをくれたり、日本語で「おいしい」と言ってくれたりするなど、とってもやさしい人達だった。

会場につくと、既に第一試合が始まっていた。

まだ中学生くらいの子どもが殴り合い、けり合いを繰り返していた。

音がとってもいたそうだったが、やはり、一生懸命練習しているのか、とても恰好良く見えた。

メインイベントが終り、サービスで、メインイベントの勝者と個別に写真をとってもらえた。

勝者は僕が頭を下げると笑顔で答えてくれた。

もう遅い、帰りの時間だなぁ...

と思っていると、会場におはいりくださいと会場に戻され、続きの試合を見ることになった。。

かなり眠たかったので、辛かったが、何とか 11 時過ぎに車に乗せてもらえた。

どうやら送迎のマイクロバスは台数が少ないらしく、順番待ちになっていたようだ。

これはしょうがない。ムエタイツアーの関係者には感謝感謝。

ホテル

シャワーを浴びて、爆睡。


2000-09-23 [長年日記]

今日こそはホテルのおいしい朝食を食べるぞと意気込んでいたが

昨日よりも更に寝棒。

5分でたいらげた。

バス

マイクロバスには既に昨日の夫婦が乗っていた。

アユタヤまではしばらく時間があるので(1h)爆睡。

旧日本人町

もう日本人はすんでいないのに日本語ばっかりでびっくり(タイ語がなかった)。

こんなところに2,300年前に日本人がいたのか?

アユタヤ王朝

どうやら彼らは金持ちだったらしい。

寺で手をあわせて涼んだ。

アユタヤで象に乗ることができた(500B)

眺めが良くて楽しかった。

最後に象の鼻の横に並んで写真をとったが、そのときに象にカラカワれて耳で 5発くらい頭を叩かれた。(いたくなかったけど)。

また、象の子どももいた。写真をとるように頼むと象はひざを曲げてここに座ってくれというのでそこに座った。

象の毛は硬くていたい。

その象は最後にチップをあげると鼻でそれを受け取り、小さく「きゃっ」とないてくれた。

サヤームスクウェア

アユタヤ観光は終って、シアームスクウェアというところでバスを降ろされ、ここから自由行動。(2:30)

サヤームスクウェアの仕組みがわからず道端で考え込んでいると、タイ人の一人の女性が近寄ってきた。

向こうも、こちらも英語力が同程度だったので、いろいろ聞いて、サヤームスクウェアの見所を教えてもらった。

タイシルクの店を教えてもらったので、そこへ言ったが、デザインが婆臭く、値段も高かったので、やめ。

このサヤームスクウェアは若者のたまり場で、とっても活気があった。

サヤームセンター

この名前の癖にサヤームスクウェアの北に位置している。

ここはタイの巨大デパートで、日本でもおなじみの外資系の企業や LOFT などが入っていた。

試しに LOFT へもいってみたが、日本の LOFT と全く同じものが全く同じ値段で売っていた。

パッケージも日本語。

ここで、タイ料理に飽きていたので、センター内にある日本料理屋でたべてみたところ、全く日本と同じ味を提供していた。

感激だった。しかし、他とは違い値段は格安で寿司やてんぷら等をたくさん食べたのに一人 350 B(1100円くらい)だったのが嬉しかった。

ホテルへ

ニューハーフショーはお迎えがホテルにくることになっていたので、ホテルまで歩いて帰った。

3km ほどの道のりだったが、巨大な露店街を歩くことになった。

ものすごい人でバックが心配だった。

ところどころ、道の真中で足や腕のない人がコップを持っていて地面を這っていた。

そのときは不気味に感じてしまったが、社会保証がしっかりしていない国では、十分あることと考えると今も胸がつまる。

カリプソショー

ニューハーフショー(カリプソショー)のお迎え時間は 6:50 と聞いていたのでゆっくり準備していると 6時半ころフロントからカリプソショーの迎えがきたぞと電話がかかってきて、あわててロビーに向かう。

はじめはどの人がお迎えのひとかわからなくあちこち歩いていたが、フロントに聞いてみるとすぐにお迎えの人がきてくれた。

向こうも悪気が無いし、こちらも悪気は無いので、どうなるかと思ったが、にこやかに向かえてくれて助かった。

カリプソショーは ASIA HOTEL で行われており、そこにつくと例の夫婦はもう到着していた。

カウンターに行くように言われたので言って名前を告げると名前を捜し出したが、名前が無い。

しばらく探していると、「komata」と書いてあるではないか。

カウンターの人と二人で笑ってしまった。

カリプソショーは、女性(元男性)がとてもきれいで、また、ユーモアが溢れたショーで大盛況だった。

とくに、日本を題材にしたショーは一番ユーモアが溢れていて笑わずにはいられなかった。

ホテル

カリプソショーはおわり、ホテルまで送ってもらい、爆睡。


2000-09-24 [長年日記]

今日はツアーをいれてなかったので、ゆっくり朝ご飯を食べることができた。

このホテルのクロワッサンがとってもおいしくて、それを含めパンを 6 枚も食べてしまった。

再びサヤームセンターへ

御土産なども買わないと行けなかったので、再びサヤームセンターへ向かった。

昼食

忘れた。

タイのファーストフードで食べたような気が...

紀伊国屋

今日で帰る日で、お迎えが 6:30 にホテルにくる予定だったのでホテルに向かった。

途中で伊勢丹の紀伊国屋によって、帰りに読む雑誌を物色。

日本の価格より割高だが、NEWSWEEK の日本語版が20%OFFだったのでこれを2冊買った。

ホテルへ

夕食もホテルでとった。

タイでの最後の食事だったので、トムヤム?? という蝦だけでなく海鮮のたくさんはいったスープを食べた。

たぶんこれがタイで食べたもののうち一番うまかったものだった。

あと、旬のフルーツのもり合わせをたべた。

これもまたうまかった。最後の食事で一番幸せになれた。

ここのボーイがタイガーウッズに似ていたことは秘密。

タイ式マッサージ

ホテルに定刻にお迎えがきて、タイ式マッサージの店に行った。

マッサージは日本でも経験が無いのでワクワクした。

1.5h くらいだったが本当に気持が良かった。

そこのマッサージ師の女性はほとんど農村部から出稼ぎに来た人達であるそうだが、日本語もそこそこ通じ、僕はマッサージ中に何度も「かたい」といわれた。

(注意:性感マッサージではないゾ)

帰国

ついに帰国の途につくことに。とってもお世話になったガイドさんに迎えられ少し寂しい気分がした。

でも、これから魔の飛行機耐久レースだ。


2000-09-25 [長年日記]

帰国

夜の11時ごろに出発した飛行機内で朝の3時ごろ強引に起こされ、おてふきを渡され、ジュースを渡され、飯を出された。(それまで所要時間15分)

当然のごとく、機内食は鉛の味がした。

関西国際空港

行きとは違い、帰りは関空経由だった。

眠たくてふらふらだった。

関空内の両替所はレートがわるい!!

マックでセットをたいらげ、千歳へ

千歳

千歳についた。

タイで一緒だった夫婦に挨拶をし、札幌に向かった。

お腹がすいていたので、駅弁を買った(カニ弁 + 茶)。かに弁はまあまあ。お茶の仕組みはちょっと感激。

とやっているうちに札幌着

帰宅

地下鉄で家に帰った。(2:00)

メールをチェックして爆睡。

タイについて感じたこと

まず、国民みんながサービス精神旺盛。とっても人がいい。でも中にはそれにだまされる人もいるみたい。

仕事に対してちょっと不真面目。仕事中も私語をペチャクチャ。これでは日本には追い付けない。

10年後が楽しみ。農村部はまだまだ未発達だが、バンコクは絶対急発展する。

パソコン屋が少ない。Parm がやすく売っていたら買おうと思っていたが、見掛けなくて残念。

PC

バイオはカッチン病にかかっていなかった様子。


2000-09-26 [長年日記]

STM

チップの装置で作ったチップは大成功。

これで波に乗れそう。

ライト先生に呼び出されて話をした。

真空装置の設計をしなければならない。

kino22-ap

kino22-ap のバックアップを kino16-ap(< kino23-ap)にとって、今復元している。バイオの HDD 換装の知識が役にたちそうだ。

ちょっと失敗したみたいだ。また、バックアップからとりなおしてやってみようと思う。


2000-09-27 [長年日記]

STM

今日は像をとってみた。

チップの製造は完璧だ。

また、ミラーと光学系の用意をした。

kino22-ap

バックアップをとった。(昨日も同じことをやってたような)

今度こそは成功させるぞ

kino33-ap

/etc/apache/access.conf に kino49-ap(菅原さんのデスクトップ) を追加。

HNS

デザインを変更した。今度はもっとオリジナル性のあるものにしたい


2000-09-28 [長年日記]

今日

やばい

kino22-ap

バックアップは成功した。

あとは X の設定をしなければならない。

i810 の X の設定について

# apt-get source xserver-svga

のあとになかにあるソースを展開し、

# cd xc/programs/Xserver/hw/xfree86/vga256/drivers/i810/os-support/linux/

# chmod 755 version-test.sh

# make

# cp agpgart.o /lib/modules/2.2.17/misc/

# mknod /dev/agpgart c 10 175

また、/etc/X11/XF86Config で

Section "Device"

Identifier "i810"

EndSection

するのみ。

hdparm(kino22-ap)

# hdparm -d1 -m8 -k1 /dev/hda

STM

今日はライト先生と装置について話をした。

結構ヤバいかも。

チップの交換をした。

べーキングを開始。

Paper

散々催促され続けていたペーパーのコピーをやっとした。

本当にこんなにたくさんの論文読めるのだろうか。

Network Specialist

いい加減再開せよ。


2000-09-29 [長年日記]

kino22-ap

今日やっと kino22-ap を移転できた。

なぜか mathematica が起動しない。フォントの問題らしい。

AOM

"AOM" の業者に連絡をとった。

いまは連絡まち。

glibc2.2

glibc2.2 のプレ版がでた。

日本語 locale の問題があるので、まだいれていない。

STM

只今、べーキング中

gdm

ディスプレイを省電力モードにする命令

xset dpms standby suspend off

(standby, suspend, off には秒数が入る)

今月

明日で終り。まずい。


2000-09-30 [長年日記]

kernel-package

make-kpkg をするとエラーを吐きまくる。

大学に行き次第、apt-get -u upgrade で kernel-package がアップグレードされていないかチェックしよう。libgtk-perl と libcgi-perl をインストールした方がいいかも?

ssh

よくわからない。

頭痛

頭がいたいかも。


2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|

2000年
9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Copyright (C)2005-2015 nu-chon.org.