トップ 最新 追記

誰も褒めてくれないから自画自賛する日記

nu-chon.org  「ぬ」あんてな  「ぬ」wiki  RSS
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|
Sapporo RubyKaigi 02
Sapporo RubyKaigi 03
RubyKaigi
Sapporo RubyKaigi 2012
RubyKaigi 2013
2010年
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010-12-05 Regional RubyKaigi [長年日記]

札幌Ruby会議03に参加した

去年の02では発表者として参加したのだが、今年はスタッフとして参加。

札幌Ruby会議03の名札

僕以外の全員は非常に働き者なので、僕は何もすることがなかった。役割はサブ司会だったが、すべて島田さんが(笑)

札幌Ruby会議03中の個人的なイベントは以下のとおり。

  • 大場寧子さんに小槌を参考にさせていただいていることについてお礼が言えた。同時に大場ご夫妻とゆっくり話をさせていただけた。
  • 運営委員長の@tmaedaさんから、Matzさんを昼食に食事に連れ出す役割に急遽任命されたため、Matzさんと同じ食事の場にいることができた。
  • この食事の場で、北海道を去った人のことを「脱北者」と言うことを披露できた。
  • 前夜祭直後に角谷さんに絡んで半ば強引にFacebookのFriendに承認していただいた。
  • みなさん、どの発表もとてもすばらしく思ったが、個人的には@hsbtさんのテストの話、@tmaedaさんのペアプロでの教育の話、大場寧子さんのRailsアプリ開発についての話は、僕が現在仕事で課題にしていることが満載で、非常に参考になった。

というわけで、来年は、

  • もうちょっと準備段階からcommitする。(本業をなんとかする)
  • せめてLTでは発表する。タイトルは「ペアプロ中にパートナーを寝させない方法」(仮題)であり、それまでに社内で実験を重ねる。

を目標にしようと思う。


2010-12-07 tDiary Version up [長年日記]

tDiaryをバージョンアップしてみた

しばらくの間、投稿するとInternal Server Errorになっていた(でも、ちゃんと投稿はできていた)のだが、ようやくtDiaryのバージョンアップをした。

というわけでテストの意味も込めて日記を更新。

やっぱりRuby愛に満ち溢れる僕はtDiaryだよね、というわけで、WordPressに浮気しそうになった時期もあったが、今後もよろしくお願いします。 tDiary


2010-12-31 [長年日記]

今年一年を反省してみる

妻の体調が悪く、夕食も早々に切り上げ布団に入ってしまったので、僕は一人でテレビをみたり、本を読んだりして過ごしている。

というわけで、ちょっと気が向いたので反省をしてみようと思う。

まず、1月に目標として日記に書いていたことについて。

今年はどっしりずっしり日本にいるつもりです。
コミュニティ活動やスピーカー的な仕事もたくさんしていきたいので、みなさまよろしくお願いいたします。

日本にどっしり、ずっしりいる

というのは、むしろ寂しいくらいに日本から一度も出なかったので、達成。

というか、まさか一度も出ないとは思わなかった。本当は、米国でおせわになった知人を訪ねたり、懐しい場所を訪ねたい。

コミュニティ活動について

これについては、少々不満。仕事が忙しいというのを理由に、LOCALのイベントに顔を出したり、札幌Ruby会議に実行委員として参加したりしたが、どちらもけっして積極的とは言えなかった。

言い訳になるが、ここ数年、勉強会ブームというのがあったり、札幌のコミュニティ活動が活発になったりしていたのだが、僕が日本を離れていたこともあり、完全に波に乗りそこねてしまった、というのがある。ただ、これについては、それ以前からの知り合いや帰国後に新しく知り合いになった方々が暖かく迎え入れてくださったので、とてもうれしかった。もう6年前と今では北海道のコミュニティのありかたは完全に違うのだから、僕は初心に返って皆さんを後ろから助けていければ良いと思う。

スピーカー的な仕事

今年は満足がいくものではなかった。

  • 2月のLDDのLTにて、「紳士ならlinux-nextで先端をおいかけてみてはいかがでしょう?」という話をテキストエディタを使って発表した。
  • 6月のOSC-DoでRubyで踏み出そう、次の一歩という題で発表をした。ターゲットがうまく掴めず苦労した。

来年は、もっと真面目に内容を考えて聞いてよかったと思ってもらえる話を皆の前でしたい。

以下は上記以外

英語について

通勤時間は英語の時間にした。

  • 毎朝、夜の徒歩通勤: リスニング
  • 地下鉄内: Podcastと本

リーディングについては、単語力が分野によって偏っているので、コンピュータ関連の原書は日本語と同じスピードで読めるが、ドラッガーの本のような哲学チックな本は非常に読む時間がかかる。というわけで、後者の分野を比較的時間をかけて読んでいた。

リスニングでは、VOAレベルのゆっくりしたものはほとんど難無く聞きとれるので、CNNやCBSを聞くようにした。また米語に偏らないように、時々、BBCを聞くようにしていた。今年は量を聞くことを目標にして、多少は力が伸びたような気がするが、ここで、数本を何度も聞くような形に戻そうと思う。

話す機会がないので、英語で独り言を言うようにしていた。これは効果があったかどうか不明である(笑)

帰国してからTOEICを隔月で受けてきたので、帰国後に7回受験したことになる。残念なことに米国にいる間に渡米前より点数を落とした(汗)ので、とりあえず点数を渡米前に戻すことはできた。今年は895点を2回とったが、100点近く点数を落とした時もあったのでまだまだだと思う。TOEIC対策はする気はないが、Score sheetで指摘された弱点については意識して勉強をしていきたい。ちなみに950点以上を取るまでは隔月での受験をやめない、と去年の時点で決めているので、しばらく受け続けることになる。

技術的なこと

RSpecとTDDを会社の仕事に導入できたのはよかった。しかし、僕自身も含め、会社の全体的な技術レベルがまだまだ低いと思う。基準としているレベルが低すぎるんじゃないか、と思う。

今年はRuby、Rails、TDD、BDD関連の勉強をしていたので来年はちょっと違うことに手を出そうと思う。

物理について

ごめんなさい。ほとんど手がついていません。どんどん忘れているので、ちょっと焦っている。

来年の目標

これから考えます。


2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|

2010年
12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Copyright (C)2005-2015 nu-chon.org.