トップ 最新 追記

誰も褒めてくれないから自画自賛する日記

nu-chon.org  「ぬ」あんてな  「ぬ」wiki  RSS
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|
Sapporo RubyKaigi 02
Sapporo RubyKaigi 03
RubyKaigi
Sapporo RubyKaigi 2012
RubyKaigi 2013
2011年
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2011-06-06 [長年日記]

TDDBCでSmalltalkをやってきました。

6/4に産業振興センターで行われたTDD Boot Campに参加してきました。今回がはじめての参加です。TDDは会社でもRailsの案件ではすでに採用しており、私自身はそれより前の2007年くらいからはRails案件では全面的にTDD/BDDを採用しています。

RSpecについても、The RSpec Bookを読んだり、実際に使ったりして、かなり勉強しているほうだと思っていたのですが、やっているうちにいくつか疑問に思うようなこともあり、@t_wadaさんに聞けたらいいな、と思い、今回参加することにしました。

ただ、毎日Rubyを使っているので、今回は他の言語をやってみようと思い、これまでの経験が極めてゼロに近いSmalltalkが@sumimさんがコーチとしてついてくださることや、他の参加希望者に@tmaedaさんや@mrknさんなどスキルの高い方々がいらっしゃることもあり、Smalltalkを選択しました。

@sumimさんがやさしく丁寧に、しかも気長に教えてくださり、しかも翌日のフリーの日も長時間@sumimさんを独占させていただけて、いろいろな新しい体験ができました。

以前から、創世記のXeroxのパロアルト研究所が熱かった時代のことを勉強したい!オブジェクト指向言語の根本的な概念や歴史を勉強したい! と思っていたこともあり、それにちょっとだけでも触れることができて、しかも、今後も自分で勉強を続けていけるような形で教えを乞うことができました。今後もすこしずつSmalltalkを続けていこうと思いました。

「メッセージ」の根本的な考え方を丁寧に説明いただけたことは、そのままRubyの考えにも応用でき、他の言語の学習にも活かしていけそうです。

また、RSpecのit文の書き方について、@t_wadaさんにご意見もいただくことができました。また、私が疑問に思っているところも相談でき、@t_wadaさんの深い見解が聞くことができて、これも非常によかったです。なかなか相談出来る人がいないので。その流れで、@t_wadaさんが「じゃぁ、今から、TDDやってみましょうか!」とおっしゃって下さり、急遽、RSpecでのTDDの実践を@t_wadaさん直接指導のもとさせていただくこともできました。IntegerクラスにfizzBuzzメソッドを追加する、というアレなネタにしましたが、いろいろな発見もあり、面白かったです。@t_wadaさんのgit commitの頻度の高さには面を食らいました。

他にも、TDD時のいわゆる「茶番」の重要性について、@t_wadaさんの見解を聞くこともでき非常に納得出来るもので勉強になりました。

最近僕が参加しているイベントには珍しく参加費3000円が必要だったのですが、安いですね。イベントが終わった今、とっても晴れ晴れした気分です。


2011-06-12 [長年日記]

OSC 2011 Hokkaidoに参加してきました。

昨日の6/11、OSC 2011 Hokkaidoに一応スタッフとして参加してきました。スタッフと言っても、僕はあまり協力できなかったので、スタッフを名乗るのはおこがましいのですがね。

来場者が600名超え、ということで、年々参加者が増えているのも非常に嬉しいです。みなさん頑張っていますから、それが結果に出て喜ばしいことです。僕は傍観者になってしまっているので評価する立場でもないのですが、続ける力が重要だな、と感じました。

個人的に、蛯原純さんが、NetBSDのセミナーの中で「GODo2004」のことを取り上げてくださっていました。「当時としては画期的なイベントだった。」と言ってくださって、多分蛯原さんは僕が関係者だったことなど覚えていないでしょうけど、僕自身は感極まりました。

今年も興味深い発表がたくさんありましたが、清悦ながら、私も企画LT(守)の枠でバージョン管理システムの基本的なことについて発表しました。

どこにでも書いてある使い方は早々に切り上げて、「こんな使い方はやめましょう」ということに重点を置いて説明しました。

反省点としては、

  • 発表時間をコントロールできず、時間をオーバーしてしまった。
  • 無意識に口にしている発表者としてのNGワードがあり、島田さん(@snoozer05)があとで指摘してくださるまで気がつかなかった。
  • 良いコメントの例をひとつ出せば良かった。

こんな感じで反省点も多いのですが、少しでも役に立てたなら幸いです。

以下が発表で使用した資料です。


2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|

2011年
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Copyright (C)2005-2015 nu-chon.org.