トップ 最新 追記

誰も褒めてくれないから自画自賛する日記

nu-chon.org  「ぬ」あんてな  「ぬ」wiki  RSS
2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|
Sapporo RubyKaigi 02
Sapporo RubyKaigi 03
RubyKaigi
Sapporo RubyKaigi 2012
RubyKaigi 2013
2014年
1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2014-01-01 あけましておめでとうございます [長年日記]

あけましておめでとうございます。

1/1は、去年の反省と今年の目標を考える日です。

去年の反省

仕事・スキルなど

  • やはりC(K&R)、Scheme、JavaScriptをしっかり勉強して基礎をしっかり抑えたいです。
    • C(K&R)は全く進みませんでした。
    • Scheme はSICPを2章まで写経しながら学習しましたが、今年後半は放置状態になってしまいました。結構頑張ったんですが、練習問題を解きながら進めるのはなかなか大変でした。
    • JavaScriptは結構頑張って勉強したかも。でも、まだまだですね。Test-Driven JavaScript Developmentの写経をしました。
    • CLISP (Land of Lisp)を写経しました。実用には遠く及ばないですが、目的であったLISP的な思考については結構身についたような気がします。
    • Haskellを再度始めました。(まだ途中)
  • 結果を出すことにこだわる。
    • 結果でなかった・・・ 0点
  • フリーソフトウェアを新規で2本公開します。
    • 全く出していません。0点。
  • 社内での使用言語をC#からRubyへシフトしていきます。
    • ほぼ完全にC#でした。一部の業務で必要なスクリプトはRubyで書きましたが、Rubyをメインとしたソフトウェアの開発は殆どしませんでした。
  • コードレビューを継続します。(知識共有)
    • 時間があるときにはコードの確認等もしましたが、徹底はできませんでした。
  • TDD/BDDをもっとしっかり進めていきます。
    • TDDではなかったですが、会社で長期で行っている案件でテストのないコードにテストを追加する作業は結構行ったので、良かったと思います。
  • これからも社内のプログラマが「綺麗なソースコードを書く」ことの重要性をもっと理解してもらえるよう取り組みます。
    • 大したやってないです。
  • これまでWebアプリケーションばかりやってきたので、幅を広げます。iOS、Androidとかね!
    • 0点

コミュニティ活動

  • ことしもできる限り協力していきます。(あくまでも家族優先です)
    • モチベーションが下がってしまったため、ほとんどやってません。
  • とにかく、顔を出すようにします。
    • OSCすら参加しなかったので、0点
  • ことしも発表する機会があれば、積極的に発表します。
    • LDDで発表しましたが、過去の発表の焼き直しで、ほぼ0点。

英語

  • 基本的に今行なっているもの(通勤時間のリスニング、技術書は原書を読む)を継続します。
    • リスニング、原書読みは継続しました!

日記

  • 今度こそ、月に最低1回は書きます。何もネタがなければ、ネタを作れる活動をします。
    • 0点

物理

  • 今年こそ、休日にファインマン物理学を30分程度でも読みます。
    • 少し読むことはできましたが、十分な時間はとりませんでした。

家族

  • 妻と子供と過ごせる時間を大切にします。(仕事で遅くならないよう、効率を意識します)
    • 大切にしました。これは比較的頑張りました。

というわけで、ヒドイ感じですね。技術者として最低です。目標ってなんですかね。口先だけの糞野郎です。

ただし、この年齢になって自分の興味の方向性が明確になってきたせいかもしれません。アーリーアダプタではなく、学術的に深い知識・学力を身につける取り組みをしていきたいと思いました。

今年のビッグイベントは、家を建てたことです。家の間取りから壁紙、カーテンまであらゆることを決めていかなければならず結構大変でしたが、顧客として発注先に何を期待するのか考える良い機会になりました。(住宅の構造にも詳しくなりました。)

今年の目標

年甲斐もなく、周囲を気にせずに己を信じて技術力の研鑽に努めます。ただし、口先だけの糞野郎の戯言です。

仕事・スキルなど

  • やはりC(K&R)、Scheme(SICPの続き)、JavaScriptに加え、再度始めたHaskellを実用レベルに持っていけるように勉強したいです。
  • 大学等の計算機工学の講義で使用されるレベルの書籍を使って基礎的な学習をします。
  • 会社でのコードレビューを徹底できるようにします。
  • TDD/BDDをもっとしっかり進めていきます。
  • これまでWebアプリケーションばかりやってきたので、幅を広げます。iOS、Androidとか! (今年こそ)
  • 慣れ合いでなぁなぁにせず、堅実かつ誠実に仕事をします。

コミュニティ活動

  • 自分や後輩たちにとって有益なものを見極めて注力するようにします。(量より質)
  • 有益な情報をセミナー等で発表できるよう取り組みます。

英語

  • 基本的に今行なっているもの(通勤時間のリスニング、技術書は原書を読む)を継続します。

日記

  • 今度こそ、月に最低1回くらいネタを作ります。

物理

  • 休日にファインマン物理学を30分程度でも読みます。

家族

  • 妻と子供と過ごせる時間を大切にします。(仕事で遅くならないよう、効率を意識します)

2014-01-31 [長年日記]

Learn You a Haskell for Great good 読了

11月の下旬にAmazon.comでKindle版を購入し、コードをすべて写経して読み進め、今日、ようやく読み終わりました。2ヶ月以上かかりました・・・

日本語版は「すごいHaskell たのしく学ぼう! 」(俗称「すごいH本」)ですね。

良かった点

入門書なのでHaskellのSyntaxについて順に説明してありますが、特筆すべきは、Haskellに触れると必ずと言ってよいほどハマるMonadについて、Functor, Applicative Functor, Monadと順にとても易しく丁寧に説明がされています。Monadにハマりまくっていた僕にとっては非常に有りがたかったです。(後半はほとんどこれらについての解説です。)

この本を読む前よりも格段に理解度が上がりました。

また、挿絵がとっても可愛かった!

残念だった点

思いあたらないです。あえて言うなら、例となるソースコードにほんの僅かですが間違いがあったくらいで、それも普通を読んでいればすぐになにがオカシイか分かる程度でした。

その他

僕がこの本の説明をするよりも、tmaedaさんのAmazon.co.jpのレビューがすばらしいので必読です。 僕はまだまだ理解が足りないので、これほどうまく説明できないです。すごい! tmaeda!

これから

Haskellを業務で使用することは多分これからも無いと思うのですが、以前、少し触れたことのあるHaskellで書かれたWebアプリケーションフレームワークのYesodの思想がとても面白かったので、Yesodに触れながら少しずつHaskell力の鍛錬を継続していきたいと思います。

ソースコードなど

とりあえず、写経を終えた記念として、写経したソースコードのGithubのリポジトリを晒しておきます。( https://github.com/kaznum/learn_you_a_haskell_exercise )


2000|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2001|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|06|07|
2012|01|03|05|06|08|09|
2013|01|08|09|
2014|01|03|05|08|12|
2015|01|04|09|10|
2016|01|

2014年
1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Copyright (C)2005-2015 nu-chon.org.