言語リソースファイルの使い方

  • Strutsで言語リソースとしてpropertiesファイルを使用する方法

リソースファイルを用意

  • hogehoge.properties, hogehoge_ja_JP.propertiesというファイルをsrc/resources以下に用意する。
  • 内容は以下のとおり
    • hogehoge.properties
      hello.message1=hello
      bye.message2=bye
      bye.message3={0}, bye
    • hogehoge_ja_JP.properties
      hello.message1=こんにちは
      bye.message2=さいなら
      bye.message3={0} よ、さよなら

struts-config.xml

  • 以下のようにメッセージを定義する
    <message-resources parameter="resources.hogehoge" key="hogekey" /> 

JSPからのアクセス方法

  • <bean:message>タグを使用する
  • 以下の場合、ブラウザの言語設定が日本語の場合は「こんにちは」「さいなら」「hogeよ、さよなら」と出力され、それ以外の場合は「hello」「bye」「hoge, bye」と出力される。
    <bean:message bundle="hogekey" key="hello.message1"/>
    <bean:message bundle="hogekey" key="bye.message2"/>
    <bean:message bundle="hogekey" key="bye.message3" arg0="hoge"/>

Actionクラスからのアクセス方法

  • アクションクラスの中で以下のように使用する
  • ブラウザの言語設定が日本語の場合は、hello.equals("こんにちは"), bye.equals("さいなら"), bye2.equals("hogeよ、さよなら")となり、それ以外の場合はhello.equals("hello"), bye.equals("bye"), bye2.equals("hoge, bye")となる。
    MessageResources resources = getResources(request, "hogekey");
    String hello = resources.getMessage("hello.message1");
    String bye = resources.getMessage("bye.message2");
    String bye2 = resources.getMessage("bye.message3", "hoge");

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-06-11 (金) 16:45:37 (5549d)