Debian + SUN J2SDK-1.5

Sun MicrosystemsのJ2SDK 1.5をdeb化する方法。環境はsid(2005年2月現在)。 JDKはSunのものを使いたいが、パッケージの依存関係があるから、debにしたい場合に有用。

必要なパッケージのインストール

以下のパッケージをaptでインストール。

  1. libxt6
  2. libxtst6
  3. libxp6
  4. java-package
  5. fakeroot

Sunのサイトより、j2sdk-1.5をダウンロード

  1. http://java.sun.com/ のリンクをたどって、j2sdk-1.5のLinux用バイナリ(RPMでない方)をダウンロード(2005/02時点でjdk-1_5_0_01-linux-i586.bin)。

debの作成

root以外のユーザでfakerootで実行(rootで実行するとインストール前に/etc以下に余計なことをしてくれるので避ける)

$ fakeroot make-jpkg jdk-1_5_0_01-linux-i586.bin

いくつか質問されるので、Y/yesと答えるとdebパッケージが作成される。

だまってインストール

できたパッケージをdpkgでインストールする。

# dpkg -i sun-j2sdk1.5_1.5.0+update01_i386.deb

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-02-21 (月) 00:57:15 (5357d)