DISK QUOTAのかけかた(user quota)

  • /etc/fstabで、該当partitionにusrquotaを指定する。
  • # mount -o remount <マウントポイント>
  • # quotacheck -auc
    • マウントポイントのrootディレクトリに aquota.userというファイルができる
  • # edquota -u hoge
    • block(1kB)、inodeそれぞれにsoftとhardを指定する。制限しない場合は0とする。
  • 他のユーザに同様の設定をする場合は edquota -p hoge other_user とする。
  • # quotaonを実行(通常は起動時に実行される)

NFSで利用する場合

サーバ側でrpc.quotadが動いていれば、クライアント側で最大容量を認識できる。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-03 (土) 17:16:41 (4342d)