ThinkPad? X40 と Linux

前提条件

  1. Debian(sid)を使用
  2. Kernel 2.6を使用

ThinkPad?ボタン

  1. tpbにより実現

サウンド

  1. ALSA snd-intel8x0ドライバ

USB

  1. UHCI/EHCI

Wireless LAN

  1. Atheros a/b/g対応のカード
  2. ドライバはsubversionにより取得可(svn checkout http://svn.madwifi.org/trunk madwifi-ng)
  3. デバイス名は athXとなる。
  4. カーネルソースが/hoge/fuga/kernel-sourceにあり、バージョンが2.6.14、モジュールのインストール場所を/hoge/fuga/dist-dirとすると、以下のようにすればよい。
    export COPTS=-DSOFTLED  <== 無線LANのLEDを使用
    export KERNELRELEASE=2.6.14 <== 無指定の場合は uname -r の結果
    export KERNELSOURCE=/hoge/fuga/kernel-source <== 無指定の場合は /lib/modules/`uname -r`/build
    export DISTDIR=/hoge/fuga/dist-dir <== 無指定の場合は / (/lib/modules/`uname -r`/net 以下にインストールされる)
    make
    make install
  5. /etc/modprobe.d/ath0というファイルを作成し、以下のように記述し、update-modulesを実行することにより、/etc/modules.confを更新する。
    alias ath0 ath_pci
  6. /etc/network/interfacesに以下のように書く
    iface ath0 inet dhcp <== eth0ではない
      wireless_mode managed
      # The WEP key
      wireless_key s:hogehoge
      # The WLAN Name
      wireless_essid WLANSSID
      wireless_power off
      wireless_txpower auto
  7. どのESSIDが使用可能か調べるためには、以下のようにすることにより、リストとして出力可能。
     # ifconfig ath0 up
     # iwlist ath0 scan
  8. (追記) madwifi-ngからは、wlanconfig(madwifi-ngのtoolsディレクトリにある)を使用し、wifi0からath0を作成する必要あり。
     # wlanconfig ath0 create wlandev wifi0 wlanmode sta
    破棄する場合は、
     # wlanconfig ath0 destroy
    とする。

有線LAN

  1. e1000ドライバ
  2. mii-toolコマンドにより、ケーブルの状態を調べることが出来る。

PCMCIA

  1. yenta & CardBus?

ビデオチップ

  1. 810用のドライバ
  2. DRMも使用できる

CPUクロック数

  1. cpufreqdで調節可能。

ACPI/APM

  1. acpiサスペンド(swsusp)は失敗する。ちゃんと調査してないので原因は不明。
  2. APMサスペンドはうまくいく。

SDリーダ

  1. 使えてない。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-11-26 (土) 05:33:45 (3066d)