*JDEEの使い方
  C-c C-v C-n (jde-browse-jdk-doc)
    jde-jdk-doc-urlで指定したドキュメントを表示する。
  C-c C-v C-y (jde-show-class-source)
    カーソル位置のクラスのソースを表示
    (jde-db-source-directoriesを指定すること)
  jde-javadoc-make
    jde-global-classpath(-classpath), jde-db-source-directories(-sourcepath)
    として、javadocの生成をする。
  jde-javadoc-gen-packages
    package, class, sourcefileを指定する。
  C-c C-v C-w
    jde-help-docsetの指定(/home/kaz/public_html/manual/j2sdk-.../ja/api/)すると
    カーソル位置のクラス名のマニュアルを表示してくれる。
  jde-build-use-makeをonにすると、makeを使ってBuildする。

      JDK = d:/jdk1.2/lib/classes.zip 
      JMATH = d:/jmath/src 
      CLASSPATH = $(JMATH);$(JDK) 
      COMPILER = javac 
      VM = java 
      COPTIONS = -g -deprecation 
      ROPTIONS = 
  
      CLASSES = Test.class \ 
      JMathError.class \ 
      JMathException.class \ 
      LinearSystem.class 
	  
      .SUFFIXES: .java .class 
  
      all : $(CLASSES) 
  
      # Rebuild (if necessary) and run the JMath test suite.
  
      run: $(CLASSES) 
      	$(VM) -classpath "$(CLASSPATH)" jmath.Test
  
  
      # Remove all class files from the project directory. 
      clean: 
  	rm *.class 
  
      # Implicit rule for making Java class files from Java
  
      # source files. 
      .java.class: 
      	$(COMPILER) $(COPTIONS) -classpath "$(CLASSPATH)" $? 
  
  C-c C-v j
    コメントを挿入する。
  
  C-c C-v C-z
    指定したクラス名をpackage名も補完してimportする。
  
  C-c C-v .
    String s;
    s.get   まで入力して、そのあとに、C-c C-v .を入力すると、
     |
    s.getClass(
    に補完してくれる。
  
  JDE->Wizers内
    ここで、メソッドのオーバーライドなどの雛型をつくることができる。




トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS